1人暮らし社会人の6割以上引っ越し検討

レオパレス21はこのほど、「住み替えに関する実態調査」の結果を公表した。

同調査は、全国のひとり暮らしをしている社会人の男女600名を対象に8日から10日まで、インターネット調査で実施した。

今住んでいる部屋、住み替えをどう思う?

「今住んでいる部屋の不満の有無」について聞いたところ、63%が「不満がある」と回答。その内「今の部屋が不満で引越したいと考えたことがある」人および「既にその不満が理由で引越し先を決めた」という人は合わせて65%となった。

さらに、その中で「引越して3カ月以内にそう思った人」は約3割と、部屋とのマッチングミスが多い結果となった

今住んでいる部屋に不満がある」と回答した人に対して、その不満の内容について聞いた。その結果最も多かったのは「間取り」(51.1%)。以下「周囲の騒音などの住環境」(32.8%) 、「住居が古い」(31.2%)という結果になった。その内「最も不満なことは何か」と聞くと、 約5人に1人が「間取り」と回答した

今住んでいる部屋に不満がない人に「部屋のどのような点に満足しているか」と聞いた。その結果、1位は「交通の利便性」 、2位は「間取り」、3位は「家賃負担が少ない」という結果になった

一方、自分の部屋に不満があると考えている人に対して「引越し先に選びたい部屋のポイント」を聞いた。その結果、上位3位は「家賃負担が少ない」、「間取り・今よりも広い部屋」、「交通の利便性」と回答。不満がない人の満足ポイントと同じ項目となり、 家賃負担が少ないことについては6割が回答した。

「恋人、パートナーが住んでいる部屋の家賃」について調査した。女性は「家賃はなるべく抑えて、貯蓄にまわして欲しい」(25.6%)と感じたことがあるという人が最も多かった。それに対し、男性は「毎日生活する部屋だから、家賃はある程度高くてもやむを得ない」(31.1%)と感じたことがあるという人が最も多かった

恋人、パートナーの金銭感覚についてギャップを感じるのはどのようなときか」聞いた。女性は「貯金が少ないと知ったとき」(35.0%)、「使っていないのにテレビやエアコンをつけっぱなしにする」(35.7%)が上位。男性は「頻繁に衝動買いする」(33.0%)、「何でもブランド品でないと気が済まない」(32.7%)が上位となった

「今住んでいる部屋の家賃について、毎月の手取り収入の何割か」と聞いたところ、平均は27%となった。また「現在の家賃についてどう感じているか」を聞くと、「家賃をなるべく抑えて、貯蓄にまわしたい」が42%、「家賃をなるべく抑えて、趣味やファッションにお金をかけたい」と回答した人が20%となった

参考 マイナビニュース 2015.05.28

【関連する記事】