1人乗りドローンタクシー

1月のCESで話題の中国EHang、州経済開発局などと協力

 1月に米ラスベガスで開催された「CES2016」で話題をさらった世界初の1人乗りドローン「EHang 184」中国・広州のEHangが開発したものだが、乗客を乗せて運ぶドローンタクシーへの利用を目的に、米国ネバダ州での試験飛行が当局によって認可される見通しだと複数の米国メディアが報道した。年内にも飛行試験が行われる

 EHang 184は8つの回転翼を持ち最大23分間の飛行が可能。高度3500mまで上昇でき、最高速度は時速100kmとされる。これをドローンタクシーに使うアイデアは、配車サービスのウーバーのような仕組み。乗客がスマートフォンアプリでドローンを予約し、アプリ画面で指定された目的地まで自律飛行で送り届ける

 EHangはネバダ州経済開発局とNPOのネバダ自律システム研究所と提携関係を結んでおり、同州にある無人機システム(UAS)用施設での試験飛行の支援や、ドローンタクシーに必要なシステム開発といった面で協力する。EHangは2014年創業のスタートアップ企業。これまでに5200万ドルの資金を調達している。

<解説>
無人の自動運転タクシーより乗るのがはるかに怖いような気がしますが、ドローンタクシーが州内の交通システムの一翼を担い、その産業化が州経済に大きく貢献するとネバダ州の担当者はノリノリの様子。米国では州間での競争のせいか、他にないイノベーションの創出を自治体が率先して後押ししていこうという姿は、大変そうでもありうらやましくもあります

ニュースイッチ2016.06.09

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】