黄ニラに口腔カンジダ症予防効果

岡山県の特産黄ニラに、真菌(カビ)の一種・カンジダ菌を殺菌する効果があることを川崎医療福祉大、川崎医科大の共同研究グループが突き止めた日常的に食べることで、カンジダ菌の異常増殖によって起きる感染症・口腔(こうくう)カンジダ症の予防につながる可能性があるといい、13日に京都市で開かれる日本顕微鏡学会で発表する。
ダウンロード (12)
カンジダ菌は常在菌の一つで口腔カンジダ症は口の粘膜や舌に白い苔(こけ)状のものが付着したり、粘膜が赤くなったりする加齢や病気で抵抗力が弱まった人や義歯の利用者が感染するケースがあり、高齢化に伴い患者数は増加傾向といわれる

グループは抗菌作用を持つとされる食材のうち黄ニラ、青ニラ、ピーマン、米酢、タマネギなどで研究それぞれ、すりつぶして抽出した上澄みと、培養したカンジダ菌で実験したところ、黄ニラが最も高い抗菌作用を示し、生きた菌の数は24時間後に10分の1、48時間後には1万分の1に減少した電子顕微鏡で菌を観察すると細胞壁に凹凸があり、強いダメージを受けていたことが分かった

口腔カンジダ症の治療には通常、抗菌薬を用いる。口内では薬剤が効きにくくなる菌の集合体「バイオフィルム」が形成されることがあるが、黄ニラには形成率を2割程度抑制する傾向も見られたという

県の2012年の調査によると、県内の黄ニラの栽培面積は17ヘクタールと全国の7割を占め、生産量は85トンに上った。川崎医療福祉大の山田作夫教授(細菌学、顕微鏡学)は「抗菌作用を持つ成分物質の分析などを進めたい」、亀崎彩紗助教(栄養微生物学)は「食材の抗菌力を生かした加工食品の開発につなげたい」としている。

※登場する人物・団体は掲載時の情報です。

MEDICA│岡山の健康医療ガイド2015.05.13

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】