高齢者→7割近くネット未利用

政府は12日の閣議で、平成27年版「高齢社会白書」を決定した。60歳以上の日常生活に関する調査では、インターネットやスマートフォンなどの情報端末を「全く利用していない」「あまり利用していない」が合わせて67・2%に上り、高齢世代には浸透していない実態が浮き彫りになった

 情報端末を「利用したい」と答えた人は60~64歳が59・2%70~74歳は30・4%80~84歳は16・2%で、年齢が高くなるにつれて割合が下がる傾向にあった高齢世代の日常生活の情報源はテレビが79・0%で最も多く、新聞63・8%、家族38・2%と続き、情報源として情報端末が欠かせない若年層との違いが鮮明になった

調査は昨年10月1日時点で60歳以上の男女計6千人を対象に郵送で実施。3893人から回答を得た。

1人暮らしの65歳以上を対象にした別の調査では、日常生活で不安を感じることは「健康や病気」が最も多い58・9%。一方、経済面については「心配ない」が76・1%、「心配がある」が23・4%だった。

参考 産経新聞 2015.06.12

【関連する記事】