高齢妊娠リスク要因の解明

高齢女性に不妊や流産が増加する原因の一つに、「コヒーシン」というたんぱく質の減少が関係している可能性が高いことを、藤田保健衛生大(愛知県豊明市)の倉橋浩樹教授らの研究グループが突き止められました。

研究グループは、細胞の染色体同士をつなぎ留め、細胞分裂の過程で染色体を正しく分配する役割を持つコヒーシンに着目。

19~49歳の女性8人の卵細胞を調べたところ、20代に比べ40代でコヒーシンの量が半減していることが分かった
年齢が上がるとともにコヒーシンが減少すると、染色体の分配が正常に行われなくなり、ダウン症や流産の可能性が高くなるとみられる

倉橋教授は「加齢によりコヒーシンが減少する要因を解明できれば、染色体異常児が生まれるリスクの軽減が期待できる」と話している。

参考 時事通信 2014.05.08

【関連する記事】