高齢化過去最高26%→独り暮らしも増加

政府は12日午前の閣議で、2015年版高齢社会白書を決定した65歳以上の高齢者は14年10月1日現在で3300万人(前年比110万人増)で、総人口に占める割合の高齢化率は26.0%(同0.9ポイント増)となり、過去最高を更新総人口が減少する中、高齢化率は上昇している
白書は、「団塊の世代」(1947~49年生まれ)の全てが65歳以上となる今年、高齢者人口は3395万人になると推計42年に3878万人でピークを迎えた後は減少に転じるが、高齢化率はその後も上昇すると予想している
1人暮らしの高齢者も増加傾向にあり、高齢者人口に占める割合は10年の調査時で男性11.1%(05年比1.4ポイント増)、女性20.3%(同1.3ポイント増)に上った。白書は地域活動を通じたコミュニティーの再構築などを提案している。
一方、同日公表された内閣府の「1人暮らし高齢者に関する意識調査」によると、「一緒にいてほっとできる相手」は、子どもがいない男性の場合、「当てはまる人はいない」が51.4%で最も多かった子どもがいない女性の場合は「兄弟姉妹・親戚」(33.8%)、「友人」(31.8%)、「介護サービスの人」(同)と続いた
調査は全国の65歳以上の男女2624人を対象に、14年12月に実施。有効回収率は56.4%だった。

参考 時事通信 2015.06.12

【関連する記事】