高速鉄道→見切り発車=中国

中国が受注したインドネシア・ジャワ島のジャカルタ―西ジャワ州バンドン間高速鉄道の「起工式」が21日、同州ワリニの農園で行われた

監督官庁の建設許可はまだ出ていないが、「見切り発車」の形で事業がスタートすることになった
高速鉄道は、新幹線方式を提案した日本との競合の末、「インドネシア政府の財政負担や保証は一切いらない」と約束した中国の受注が昨年9月に決まった事業費は約56億ドル(約6550億円)で、2018年完工、19年の開業を目指している
ただ、許認可の遅れなどから当初、昨年中に予定されていた起工式は延期。現時点でも区間内のトンネルや橋のデータ不足で運輸省の建設許可が下りておらず予定通りに事業が進むかは不透明だ
式典にはジョコ大統領や中国の政府関係者らが出席大統領は「事業が国家予算を使わない点を高く評価したい」と述べた

 参考 時事通信 2016.01.21
   EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】