高耐圧性水素充填用ホース→ブリヂストン

ブリヂストンは水素ステーションなどで燃料電池自動車に水素を充填する際に使用される高耐圧性の水素充填用ホースの販売を開始する

水素ステーションではホースを使用して水素をタンクから車両に充填するがこのときの水素は高圧に圧縮されているため、使用するホースには高耐圧性が求められる

現在、国内の水素ステーションにおける水素の充填時の最高圧力は最大70MPa(メガパスカル)と定められているが、充填圧力を高めることで水素の充填量を増やすことができ、航続距離延長や充填時間の短縮が期待できるため、この最高圧力が82MPaまで上げられることが見込まれているブリヂストンが、82MPaの耐圧性能を有するホースの開発に取り組み、この度商品化が実現した

ブリヂストンの水素充填用ホースはホース内部の補強層に耐水素脆化性を追求した高抗張力鋼線ワイヤーを採用しさらに6層にすることで高耐圧性を実現。また、耐水素ガス透過性に優れる材料を内層に採用することで水素ガスの透過を抑制する。さらに、充填時のホースの操作性を考慮して、柔軟性も確保する

参考 株式会社カービュー 2015.09.29

【関連する記事】