高い美肌効果で大幅節約

実は化粧水の成分のほとんどは水なのでお金をかけるのはもったいないものです。また毎月購入しなければならないのでお金がないときには痛い出費になってしまう…そのような経験ありませんか?

そこで役立つのが手作りアロマ化粧水です。アロマの美肌効果を役立てながら節約しましょう。

手作りアロマ化粧水でどのくらい節約できる?

有名な化粧品会社の化粧水は1本約200mlで3000円から5000円程度。使用期間目安はおおよそ1か月になっています。

それに対し手作りアロマ化粧水200mlあたりの値段はおおよそ220.32円贅沢にその倍の量を使ったとしても、たった440.64円でおつりがきます

よって1か月で計算すると2560円から4559円の節約に!

ここでの手作り化粧水の予算の計算に使ったプラナロム社のラベンダーエッセンシャルオイルは、業界の中でもトップクラスのクオリティなので手作りコスメとして使えば美肌作用が十分に期待できます。化粧水にすれば安く使えるので節約の視点だけでなく、美容目的でもおすすめですよ

手作り化粧水なんて使って大丈夫? 美肌効果には問題ないの?
大きく節約できる化粧水。しかし「手作り化粧水なんて使って大丈夫?」と疑問になる方もいるでしょう。日本では「有名なメーカーのものならば安心」という傾向が強いので手作りでは心配になってしまう方も多いものです。

しかし、たとえ有名メーカーのものだったとしても、化粧水には大した美肌効果がないことをご存じでしょうか。驚くことに市販の化粧水の成分のほとんどは「水」です肌に浸透しやすいようにエタノールやグリセリンを、そして保湿を高めるように少量の美容成分を加えていますがほとんどが水なのです

化粧水は肌に水分を与えてやわらかくしつつ、その後に使う美容液や乳液の浸透を高めるために使うブースター的なもの実は化粧水には保湿成分が少量しか配合されていないので直接的な美肌効果はあまり期待できません

よってアロマの手作り化粧水を使ってもよほど肌に合わないものでない限りは問題ないと言えるでしょう。それどころかアロマにはすぐれた美肌効果を持っているものがあるので、化粧水として使えば効果を期待でき、スキンケアのクオリティを高めてくれるはずです

 

節約だけじゃない! アロマがもたらす高い美肌効果


コラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分は分子が大きく、たとえ低分子加工されたものでも表皮層までしか届きません。しかしアロマは分子が小さいのでさらに奥にある真皮層まで届けることが期待できます

通常のお手入れでは行き届かないところまでケアできるアロマ化粧品は非常に優秀なのです。

もちろんお手持ちの美容液や乳液のブースター役として役立てられますよ。また防腐剤や界面活性剤不使用で安心して使えるのもおすすめする理由のひとつです。では節約と美肌づくりにぴったりな手作りアロマ化粧水の作り方について紹介します。簡単なのでぜひ挑戦してくださいね。

手作りアロマ化粧水の作り方

【用意するもの】
好みのエッセンシャルオイル3滴
・無水エタノールまたはグリセリンまたは好みのキャリアオイル5ml
・精製水または軟水ミネラルウォーター50ml
・ビーカーとガラス棒
・できた化粧水を保管する遮光瓶【作り方】
1. ビーカー・ガラス棒・遮光瓶をエタノールで消毒しておく
2. 無水エタノールまたはグリセリンまたはキャリアオイルにエッセンシャルオイルを加えて混ぜ合わせる
3. 2に精製水を注いでさらに混ぜ合わせる
4. 3を遮光瓶に入れて完成

※ゼラニウム・ラベンダー・ローズのエッセンシャルオイルは、オイリー・乾燥・敏感・シミ・アンチエイジングのすべての肌質に使えるのでおすすめです。ただローズは1滴あたり3000円くらいするほど高価なのでアロマの効果を楽しむには最適ですが、節約には向かないので注意しましょう。

さっぱり感を求めるなら無水エタノールエッセンシャルオイルをしっかり溶かすことができます。しっとり感ならグリセリンか好みのキャリアオイル(おすすめはマカダミアナッツオイルかホホバオイル)を使ってもOKです。キャリアオイルの場合はエッセンシャルオイルが溶けないので使うたびに振ってから使いましょう。

スキンケアのクオリティを下げずに大幅に予算をダウンできる手作りアロマ化粧水は節約生活の救世主です。アロマで美容オイルやスキンケアクリームを作ることもできますが、やはりコスパを一番抑えられるのは化粧水でしょう。月々の化粧品代が家計を圧迫している方におすすめなのでぜひ試してみてください。

マネーの達人2015.10.21

ダウンロード (3)ダウンロード (5)

【関連する記事】