食品添加物って何からできているの?

食品添加物とは、おもに食品を加工・保存するために、食品に混ぜたり染み込ませたりして使うものです。また、見た目を美しくするために着色したり、香りをつけることで食欲をそそったり、栄養を強化するために添加するものもあります。いろいろな食品添加物の種類と働きについてみてみましょう。

◆食品添加物の働きとは?
食品添加物というと、すべて化学成分をイメージするかもしれませんが、じつは天然成分の食品添加物も少なくありません。たとえば、りんごや紅茶、牛乳などから採った香りをつける添加物や、こんにゃく芋からとったマンナン成分は、食品の増粘剤として使われています

化学成分としては、カビや細菌の増殖をおさえ食品の保存性をよくする保存料として、ソルビン酸などが有名ですもとはナナカマドの一種である植物から抽出されたものですが、今はおもに化学合成で作られている不飽和脂肪酸です。また、カット野菜などの生食用野菜や卵のからの殺菌を目的として使われる漂白剤には、亜塩素酸ナトリウムなどが使われます。これら漂白剤は最終製品の完成までに分解または除去しなければならない、とされています。

そのほかにも、香料や着色料、安定剤、ゲル化剤、調味料、酸味料、乳化剤など、食品添加物の種類は非常に多く、あらゆる加工食品に複数を組み合わせて使っています。

食品添加物は体に悪いもの、と受け取られがちですが、天然由来でも化学合成された添加物でも、食品衛生法上、その安全性と有効性が確認され指定された添加物でなければ、使用することはできません。また必要に応じて使用量の基準値を定めて、それ以下の使用に留めたりもしています。そうした添加物が身体に害を与えるとしたら、人間が食するには異常なほどの量を一気にとらない限り、大丈夫、とされています身体に蓄積される、というのも誤解で、多くが食べ物といっしょに分解されていきます

◆食品添加物の表示のしくみ
食品を販売するときは、原材料だけでなく、使われている食品添加物もすべて表記する必要があります。表記の仕方はいろいろですが、甘味料(アスパルテーム)や保存料(ソルビン酸)というように、使用目的と物質名を併記するのが基本です。

消費者の間には、食品添加物の安全性を危惧する声が根強く、なるべく添加物の少ない食品を求める声は高まっています。しかし、食品添加物の表記においては、「調味料(アミノ酸等)」などと、使用目的が同じ場合は複数を一括で表記できたりもするため、なかなかどれだけの食品添加物が使われているかを把握するのは難しいところです。

現代の食生活では完全に食品添加物を排除するのは難しいので、気になる人は、できるだけ添加物の使われていない生鮮食品で手作りするなど、バランスのよい食生活を送ることが大切でしょう

参考 Mocosuku編集部 2014.12.07

【関連する記事】