食事も辛い→口内炎の原因と治し方

口内炎はどのようにしてできるのでしょうか? 口内炎ができる理由として最も多いのが、食事中にうっかり口の中を噛んでしまって、その傷口が炎症を起こしてしまうケース

または、ストレスを抱えているときや疲労時に口内の細菌が増殖してできるケースもあります。 またこのような場合にできる、白くて丸い口内炎を「アフタ性口内炎」と呼んでいます
2.アフタ性口内炎を治すには

出典:medicalnote.jp①うがいをする
口内炎とは歯茎に口内の細菌が繁殖してできるもの。 ですから口内炎ができたときには、とにかく口の中を清潔に保っておくことが大切なのですうがい薬やマウスウォッシュなどで一日数回、うがいをするように心がけましょう

②刺激を与えない
口の中の粘膜を傷つけないようにしましょう。 歯磨きの際には、口内炎のある箇所はそうっとブラッシングします 食べ物も、辛い物や、味の濃いもの、熱いものなど、刺激を与えるものは極力避けるようにしましょう

③とにかく寝る
口内炎は、疲労時にできやすいものです。 心当たりのある人は、よく睡眠をとるようにしましょう 睡眠は健康を作り出す一番基礎となるものです

④ビタミンB群を摂取する
口内炎ができる主な原因としてビタミンB不足があげられます。 食生活を見直し、ビタミンBをたくさん摂るようにしましょう。 特にレバーや青魚、納豆などに多く含まれています。 また、痛みがひどく食べられない場合は、サプリメントで補いましょう
3.歯のとがっている部分があるとできる潰瘍性口内炎

出典:weheartit.com①症状と原因
虫歯や入れ歯が合わない状態で放置しておくと、とがっている部分が口内の粘膜を傷つけて潰瘍性口内炎ができます。 潰瘍性口内炎は粘膜の表面に潰瘍ができて、その周りが赤くなり、白い膜ができます。 口内炎は深く、傷が深いものがあります お年寄りで、この傷に気づかず放置していると栄養失調になる場合も。 また、傷が慢性化すると、場合によっては癌化する恐れもあります
②治し方
虫歯や合わない入れ歯の調整など、粘膜に刺激を与えているものの治療を行います傷口にはアフタゾロンなどの軟膏、傷の治りが遅い場合には抗生物質が処方されます。 これらの処置を行っても治らない場合は、組織検査をしてもらいましょう
4.入れ歯などの細菌によるカンジダ性口内炎

出典:weheartit.com①症状と原因
口の粘膜が入れ歯の形に赤くなったり、白い膜ができている状態舌にも、白い膜ができることがありますカンジダ菌はカビの一種で、もともと口の中に存在し、入れ歯や口内が不潔な状態の時に発生します。 入れ歯の痛みや違和感として症状が現れます。
②治し方
入れ歯を義歯用歯ブラシでよく洗い、入れ歯用洗浄剤などで殺菌しカビを落とします ポリデントなどが有名ですね。 入れ歯は毎日洗浄し、カビさせないようにします口の中はイソジンなどのうがい薬で消毒するか、必要であれば抗真菌薬を飲んでカンジダ菌を減らします

出典:weheartit.comいかがでしたか? ほとんどの口内炎は、体力をつけて患部に軟膏などの薬を塗れば、1~2週間のうちに治ります。 しかし、それでは治らない口内炎を放置してしまうと、悪化したり癌化したりします。 2週間程度待っても治らない場合は歯医者を受診しましょう

myreco 2016.03.29

  EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】