風力発電で製造した水素をフォークリフトに

風力発電で製造したCO2フリー水素を燃料電池フォークリフトに使うことで、80%以上のCO2削減が可能になる低炭素な水素サプライチェーンモデルの実証プロジェクトが京浜臨海部で開始されることになりました

この実証プロジェクトには神奈川県、横浜市、川崎市、岩谷産業、東芝、トヨタが参加しています。本実証プロジェクトでは、横浜市風力発電所(ハマウィング)で、風力発電を利用し水を電気分解してCO2フリーの水素を製造し、貯蔵・圧縮します

そして、ここで製造した水素を簡易水素充填車により輸送し、横浜市内や川崎市内に導入する燃料電池フォークリフトで使用する、サプライチェーンの構築を目指しています

今回の水素サプライチェーンの構築で、電動フォークリフトやガソリンフォークリフトと比べて、80%以上のCO2削減が可能になると試算されており、将来の普及展開モデルでのコスト試算やCO2削減効果等を検証していきたい、としています

この実証プロジェクトのキモは、?風力発電により水素を製造するシステムと、?最適な水素の貯蔵・圧縮と輸送の仕組みです

まず、?風力発電により水素を製造するシステムについては、

1.ハマウィングの電力を、水の電気分解による水素製造及び装置の動力としても活用する2.変動する風力発電量と水素需要の時間差を考慮して、フレキシブルにCO2フリー水素を製造できるように設備を最適運転できるマネジメントシステムを開発することが求められています。

次に、?最適な水素の貯蔵・圧縮と輸送の仕組みについては、

1. 水素を安定供給するために、2日分の水素を貯蔵する2. ハイブリッド自動車の使用済バッテリーを再利用した蓄電池システムを活用して、ハマウィングが止まっていても安定的に水素を供給する

ことが必要です。

今後のスケジュールでは、2016年秋頃から2施設各1台 計2台の燃料電池フォークリフトを導入して試験運用を開始。2017年度から本格運用を開始して、燃料電池フォークリフトの導入を4施設各3台・計12台に拡大し、水素製造、貯蔵・圧縮等の全てのシステムを稼働する計画です

燃料電池フォークリフトは、燃料電池を実用化するために有望な用途とされており、今回の実証プロジェクトの進展が期待されます

(山内 博・画像:トヨタ)

(クリッカー 山内博)

【関連する記事】