頭部マッサージが睡眠の質を高める

睡眠のサイクルを構成するのは、体の眠りである「レム睡眠」と、脳の眠りである「ノンレム睡眠」の2種類のリズム。寝入り(入眠)直後ノンレム睡眠に落ち、1時間ほどは熟睡している。脳を休める睡眠であるため、心拍数・体温が下がり、基礎代謝も低くなる。その後、睡眠は浅くなり、5~10分ほどレム睡眠が現れ、再びノンレム睡眠へ入っていく。2種類を合わせた睡眠周期は約90分で、一晩に4~5回繰り返される

ノンレム睡眠の中でも、ステージ3、4の深い睡眠状態のことを「徐波睡眠(じょはすいみん)」といい、成長ホルモンなどの分泌が活発になることがわかっている。睡眠中に分泌される様々なホルモンの中でも成長ホルモンは、肌細胞の生まれ変わりを促してくれるので、とりわけ、疲労回復や美容には欠かすことができないものだ

株式会社マンダムは、大阪府立大学名誉教授 清水教永医学博士との取組みで、就寝前の入浴時の頭部マッサージについて効果を検証したところ、リラクゼーション効果があり、また入眠時間が短縮され、さらには深い睡眠状態である「徐波睡眠」時間も増加したことを確認した。この結果は、就寝前のセルフケアによって、美を育む時間として重要な睡眠の質を改善できることを示唆しており、スキンケア等による見た目の効果性だけでなく、体の内側から美容効果を高められる可能性を秘めていると言える

睡眠中には、成長ホルモンの分泌が活発化し、この成長ホルモンが肌のターンオーバー(肌の代謝)に重要な役割を果たしていることが知られている。また、成長ホルモンは、眠り始めから3時間ほどの間に現れやすい深い睡眠(ノンレム睡眠)の時に分泌されやすいことが知られている。このことから、ただ単に眠ればよいというものではなく、深い眠りすなわち、上質な睡眠をいかにとるかということが、美容のために重要であるといえそうだ

今回、同社が30~55歳の女性を対象として「就寝前の入浴時の頭部マッサージ」について効果を検証した結果、就寝前の入浴時に頭部マッサージを行うことにより、リラクゼーション効果があり、入眠時間が短縮され、睡眠の質が向上することがわかった。この結果は、就寝前のセルフケアによって、美を育む時間として重要な睡眠の質を改善できることを示唆しており、スキンケア等による見た目の効果性だけでなく、体の内側から美容効果を高められる可能性を秘めていると言える

■頭部マッサージで、リラックスできる。

入浴時に頭部用モデルマッサージクリームを使用してマッサージを行ったあとに就寝することを10日間、継続して行い、起床時に唾液に含まれる免疫ホルモンイムノグロブリンA(s-igA)の分泌量を測定した。s-igAは、ヒトの免疫力に関わるホルモンの一種で、心身ともにリラックスしている状態の時に分泌量が増加するとされている。その結果、初日の値に対して、10日間経過後はs-igA分泌量が平均14%増加したことがわかった

■頭部マッサージによって、寝つきが良くなる

同様の条件下での就寝時に、脳波を測定することによって、床についてから実際に眠るまでの時間(入眠時間)を測定。その結果、初日と比較して10日間経過後には、入眠時間が20%短縮されたことがわかった

■頭部マッサージには、睡眠の質を高める効果が

さらに、入眠時間の測定と同様の脳波測定により、徐波睡眠の長さを計測した結果、ノンレム睡眠の中でも特に深い睡眠状態であるステージ3、4の時間の合計が、頭部マッサージを行わない場合と比較すると、26%増加することがわかった。これらの結果から、頭部マッサージを行うことによって、リラックスすることができ、さらには寝つきがよくなり睡眠の質も向上したと言える

■検証項目及び検証方法
1.対象者 30~55歳の健康な女性20名
2.検証項目
・唾液中の免疫ホルモン(イムノグロブリンA《s-igA/たんぱく質濃度》)分析によるリラクゼーション
・脳波分析による入眠時間(睡眠潜時)への影響
・脳波分析による徐波睡眠発現時間への影響
3.検証方法
対象者に、当社支給の頭部用モデルマッサージクリームを使用し、指定した手技で10日間マッサージを行い各項目の検証を行う。

@DIME  2016.03.20

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】