頭痛や肩こりをその場で解消!

みなさんは、仕事中に頭痛や肩こりに悩まされた場合にどんな対処をしていますか?

血行が悪くなっていることは分かっているけれど、痛くなってしまった(巡りが悪い)状態ですぐ体内循環をスムーズにすることは難しいですよね。職場のデスクでいきなりヨガを始めるわけにもいきません……。

マッサージを受けてコリや痛みが和らいだ経験のある人は多いと思いますが、ツボ押しやマッサージには血行を改善する効果があります。もちろん根本的な改善にはなりませんが、「今すぐ何とかしたい!」という場合に押すだけで痛みが和らげば嬉しいですよね

そこで今回は、リンパケアセラピストの筆者が知っておきたい血行をよくするツボを3つご紹介します。
■1:百会(ひゃくえ)

“百会”とは頭のてっぺんにあるツボ。頭の上の、両耳と眉間をまっすぐ伸ばした線がちょうど交差する場所に位置しています。指の先を使ってゆっくりと2~3秒かけてまっすぐに押し、そのまま3秒ほどキープ。同じように2~3秒かけて力を抜いていきましょう
■2:湧泉(ゆうせん)

“湧泉”は足の裏にあるツボ。足は上半身に血液を送るポンプの役割を担っていますから、足裏から血流を良くすることで様々な不調を緩和できると言われています。湧泉を刺激することで、歩き疲れや立ち疲れなどによる足の疲労を改善したり、背中、腰、お尻の筋肉疲労を回復することも可能です

位置は土踏まずの少し親指寄り。押したり、拳で叩いたりすることで血行をよくすることができます
■3:合谷(ごうこく)

“合谷”は手のツボ人差し指と親指の骨が合流する所からやや人差し指よりに位置していますさわってみるとくぼみがあるため、分かりやすいツボです

親指で強めに押すとジーンとします。3秒押して3秒離す、というふうにメリハリをつけて刺激したり、ぐりぐりと円を描くようにマッサージするのも効果的。怠さや疲れを和らげる作用があります。手ならば他人の目を気にせず気軽にツボを押すことができますね。

コリや痛みは筋肉がガチガチに固まって血行が滞っているサイン心地よいと感じられる強さでツボを押すことで身体をリラックスさせ、血行をよくすることが可能ですぜひスキマ時間に深呼吸して落ち着きながらツボを刺激して、身体の疲れを癒してくださいね

参考 nikkan care ism  2015.04.04

【関連する記事】