韓国MERS隔離患者6500人越え

韓国・ソウル新聞は18日、中東呼吸器症候群(MERS)の隔離対象者が17日時点で6500人を超えたと報じた。記事は、保健当局が統制できる水準を超えたため、隔離管理が非常事態に突入したとしている

記事によると、中央MERS対策本部のクォン・ジュヌク企画総括班長は「隔離者と公務員を一対一で密着させ、監視することはもちろん、行政力を総動員してモニタリング対象を把握することに最善を尽くす」と述べた。だが、地方の保健人員だけでは限界があり、すでに“穴”が空いていることも確認された自宅隔離対象者が外出して、近所の診療所を訪れたり、自分が隔離対象者であることを知らず、学校に一週間も出勤した中学校の教師もいたという

保健当局関係者は「施設隔離を求める人が少なく、隔離施設を確保することは難しくないが、自宅隔離対象者がこのまま増え続ければ限界が来る」と指摘した潜伏期が終わり、これ以上、感染者が出ないと思われていたサムスンソウル病院で毎日感染者が発生しており、数日内に自宅隔離対象者は1万人に上るとの観測も出ている

この記事に対し、韓国のネットユーザーからは様々な意見が寄せられている。

MERSで世界一になっちゃう

「健康な30代にも危険だとは、本当に怖いウィルス。インフルエンザと比べるのはやめてくれ」

2015年も生き残るのは大変そうだ

MERS拡散のスピードでギネスブックに掲載されるかもしれない

この政権には有能な人材が一人もいないか?

統制できない?呆れた

「今の対応は緩すぎる。もっと厳しく対応しろ」

自宅隔離はやめろ。未開なこの国の国民が家にいるはずがない。施設隔離にしてほしい

「今年の目標は生存。それ以外望まない」

「一万人になったら、統制は完全不可」

「軍隊を動員するしかない」

対応の遅い政府も問題だが、隔離対象なのに外出したりする国民も大きな問題

「政府は信じない。災難の時は、自分で自分の身を守るしかない」

参考 FOCUS ASIA 2015.06.18

【関連する記事】