韓国MERS→地に堕ちた政府の信頼

「十数年以上ここで薬局を経営してきましたが、こんなにマスクと手指の消毒剤を多く売ったことはありません

昨日は一日に(マスクを)400万ウォン分ぐらい売りましたね。今はマスクはもちろん、消毒剤を作るため必要なエタノールも在庫がありません」(ソウルマポ区のある薬局)

「不安でマスクを買おうと薬局8箇所に行ったが一個もなかったし、インターネットでも買うことができませんでした。高い配送料を負担してでも買わないと思って、日本のアマゾンにマスクを注文しました。」(京畿道ソンナン市居住30代男性)

“パニック”それは、バーレーンに行った60代の男性が中東呼吸器症候群(MERSコロナウイルス)患者だと明らかになった先月20日以降、韓国の状況をありのままに表現した言葉だ

言及した事例のように、自分と家族の健康を気遣う人々は薬局に押しかけ、マスクと手指消毒剤を購入し、人が集まる映画館とアミューズメントパークに足を運ばなくなった。大型スーパーに行く家族は減り、代わりにデリバリー・サービスを提供するオンライン・モールを利用する割合が、50%近くにまで増加した

5月末から6月初めまでに予定されていたコンサートの多くは延期、またはキャンセルされた。そして6月2日から京畿道をはじめ、ソウル、忠清道など全国にわたって2,000校が休校を決定した。特に、最初の感染者が出た平澤市(ピョンテクシ)は「幽霊の都市」と言われるほど人気(ひとけ)がなくなった。マスコミでは昨年、韓国経済の足を引っ張ったセウォル号の沈没事故より悪影響を国内景気に及ぼすだろうという見通しを示している。

多くの韓国人たちは今「政府を信じられない」として、唯一の予防法と思われる、個人の衛生管理にしがみついている。2009年新型インフルエンザが流行った時、治療剤であるタミフルを手に入れるために市民たちの間に熾烈な争奪戦が繰り広げられた状況の再燃だ。ただ対象がマスクに変っただけだった

韓国人だけがMERSに対する恐怖に包まれているのではない。 日本を含め香港、シンガポール、台湾など周辺国では韓国への旅行または出張のキャンセルが続いている。旅行業界によるとMERSの拡散以来、訪韓のキャンセル事例は10万件以上だ。

最初の感染者が登場した時にはこのような状況を予想する人はまれだった。特に中国から始まって全世界に広がったSARSの場合、当時の政府は拡散を封じ込めることに成功したことから、多くの韓国人はMERSを「遠い国の話」扱いした。しかし今回の未熟な判断がこの問題をコントロール不可能な規模にまで拡大させた

政府はMERSの発生地である中東の事例だけを見て「感染力が比較的弱い」と推測し、初期の防疫を徹底しなかった。又、感染の推定される範囲を狭く指定したり、患者ごとの発病の原因を明らかにする疫学調査を中途半端にしたりしたのが代表的な失策だ

患者の数は幾何級数的に増えており、市民たちの恐怖はそれよりさらに早いテンポで広がっている最初の感染者は38人にMERSを移した。彼らの中で2人の患者が“スーパー散布者”になって感染を拡大し、6月13日午前11時基準、確実にMERS罹患者として診断された人は138名だ(死亡者は14名)。このように全国に広がったMERSに対する恐怖は簡単に収まらない見通しだ。これは国民との間に不信の壁を築いてしまった政府の無能のせいだ

文亨杓(ムン・ヒョンピョ)保健福祉部長官をはじめ、MERSの拡散を阻止しなければならない責任を負った疾病管理本部側は、最初に患者が出た5月20日から今月7日まで関連した病院のリストを隠してきた政府は、関連性がある病院のリストが公開されれば、患者たちの訪問が減って病院の自発的な感染者の発見や報告が不定的になると説明したが、ウイルスが広がる速度はもっと早いという批判が殺到した

また、感染が疑われる人を施設に隔離する代わりに「自家隔離」というずさんな方法を選択して、感染の可能性がある人と生活圏を共有する住民たちにMERSに感染する可能性を残した一部では患者が入院した病室に家族や友達が訪問する韓国の“お見舞い文化”と一部の大型病院に全国の患者が集中する傾向などがMERSを拡散させたとの指摘もあるが、1次的な責任はどこまでもMERSをみくびった政府にあると見なければならないだろう

泥縄の対応に終始した政府は、地域社会への拡散が現実のものとならないようにすると国民に約束した最近、政府はプライバシーの侵害だという批判にも関わらずMERS患者の動線、居住地などを公開したのもこのためだ

しかし、その後も政府関係者は「新型インフルエンザの時と比べて(MERSの流行は)小さな状況だ」とか「防疫の目標を達成できなかったのは事実だが、全体的に失敗したわけではない」と事態の深刻さを軽視する発言を続けているすでに地に堕ちた政府に対する信頼がいつ回復できるか心配になるほどだ。多分、その答えは政府よりMERSウイルスが握っているようだ

※1  2012年サウジアラビアで初めて発見された後、中東地域で集中的に発生したウイルスで、2003年アジアで発生した後、全世界に広がり、800人近い死者を出した新型肺炎(重症急性呼吸器症候群)と類似したウイルスだ。 潜伏期が1週間程度でSARSと同様に高熱、咳、呼吸困難など、深刻な呼吸器症状を引き起こす

参考 Japan In depth 2015.06.14

【関連する記事】