韓国2060年→最も老いた国

2060年の韓国人口の10人中4人は65歳以上の高齢者になると展望されたこれに伴い人口500万人以上の国の中で最も老いた国になると予想されている出産率が低い上に高齢化のスピードはますます加速しているためだ。統計庁が国連統計を基礎に作成して8日に発表した「世界と韓国の人口現況・展望」によれば今年5100万人である韓国の人口は2030年に5200万人とピークに達して2060年には4400万人に減少するとあらわれた。一方、全体人口で65歳以上の高齢者が占める割合は急激に高まる今年13.1%である65歳以上の人口比率は2060年には40.1%に高まる

調査対象201カ国中、高齢者の人口比率順位は今年の 51位から2030年は15位、2060年には2位に上がる。2060年高齢者人口比率が最も高い国と思われる国はカタール(41.6%だ。だがカタールは現在の人口が290万人に過ぎず、予測正確度が落ちるというのが統計庁の説明だ。人口が少ない小国を除けば事実上、韓国が世界で最も老いた国になるという話だ

高齢化が加速化しながら働くことのできる生産可能人口(15~64歳)対比の高齢者人口も急激に増加する。今年15~64歳の人口100人が扶養しなければならない65歳以上は17.9人で全世界54位だ

だが2060年には80.6人に急増し、カタール(85.8人)やオマーン(83.7人)に続き3位を記録すると展望された。オマーンもやはり人口が415万人に過ぎず予測の正確度が低い。ただし北朝鮮と統一されるならば高齢化スピードは多少遅れると展望された。韓国と北朝鮮を合わせた人口は今年7600万人で、2030年には7900万人に増えると予想された。韓国・北朝鮮の人口がピークになる時期は2032年と予測された。統一されなかった場合よりも人口ピークに達する時期が2030年から2年遅れる。北朝鮮の2010~2015年の出産率は2人で韓国(1.23人)よりも高い

参考 中央日報 2015.07.09

【関連する記事】