韓国20代女性→ストレス

 入社3年目の会社員オさん(28、女性、ソウル)は、今年8月に慢性胃炎と逆流性食道炎の診断を受けた。医師は「不規則な食事とストレスが主な要因」と注意を促したオさんは3食をまともに食べる日がほとんどない朝はいつも抜かして夕方は食べそびれるか暴食という2つのうちのどちらかの時が多いオさんは「『定時退社』しても家に着くと午後9時近くになる」として「あまりに疲れて何か食べたいというよりも横になりたいだけ」と話した。なぜか夕食の約束があったり食べたいものを食べたりする日には暴食をする。胃炎診断を受けても欠食のような生活習慣が変わらず、いつもお腹が痛い

 欠食、無理なダイエット、ストレスなどで20代の女性たちがすでに病気にさらされている人生の盛りの年齢で、さまざまな病気を患っている。中央日報がソウルと5大広域市の20代女性500人にオンラインアンケート調査をしたところ、208人(41.6%)が今年に入ってから疾患を患ったと答えた。208人中、胃炎が38人(18.3%)と最も多かった。健康保険公団資料でもこうした傾向が確認される。2008~2012年の20代女性の胃炎患者(人口10万人あたり)は年平均で4.3%増えた。成人女性の中で増加率が最も高かった。昨年、患者の増加傾向が多少ゆるみながら増加率が2.1%に落ちた。70、80代に続き3番目に高い。30~60代は減少した。

健保公団一山(イルサン)病院消化器内科のチョン・ハンホ教授は「女性の飲酒と喫煙が増えて、就職準備・職場生活など社会新人としてのストレスが重なって20代女性の胃炎が増えていると見られる」として「女性が男性よりも就職に困難が多く、容貌の評価もたくさん受けるためダイエットなどにつながって胃炎の症状がさらに多く出てくると推定される」と話した。

女性は20代で結婚ストレスも受ける男性は主に30代に結婚するため20代の結婚ストレスは少ない。また女性は男性よりも初めての職場でのストレスを受けやすい男性は軍隊である程度の組織生活の耐性を積み重ねるが、女性はそうではない。未婚の会社員イ・ヨンミさん(27、女性、ソウル)は最近、右側の頭頂部や後頭部など3カ所の髪の毛がかたまって抜けた。円形脱毛症だった。担当医師は「ストレスが原因」と診断した。イさんは「過度な業務量、職場の上司との不和のためにストレスを多く受けた」と話した。

昨年20代女性10万人あたり523人が脱毛で診療を受けた。女性の中では20代が最も多い。60代(285人)の2倍程度だ。男性は30代(759人)と最も多い。イ・ユンギョン教授は「ダイエットが脱毛原因の大きな部分を占める」として「たんぱく質が不足すれば最初に頭皮が弱くなり、髪の毛のケラチン成分の不足で脱毛が起きる」と説明した

拒食症は70代の次に20代女性で最も多い。女子大生のAさん(20)は合コンで「太っている」という声を聞いた。女子中・女子高で優等生として通っていた彼女は大きな衝撃を受けた食事を抜き始めた。ますますやせてスキニージーンズもカッコよくはいた。この頃、生理が不規則だった。体重が40キロ(身長160センチ)まで落ちていった。深刻な低体重だった長期間、精神と診療を受けて摂食障害の治療を受けた。サムスンソウル病院精神健康医学科のチョン・ユスク教授は「拒食症・暴食症は脳の機能異常や周辺の視線が結びついて発症する」として「スマートなことを要求する社会的影響で20代と10代で主に出てくる」と話した。昨年、20代の女性10万人あたり30人が暴食症の患者だった。30代(19人)の1.6倍だ。

 

参考 中央日報 2015.11.18

【関連する記事】