韓国軍事力→日本に逆転された

昨年の日本の海軍戦力が増加しながら韓国の軍事力を上回ったと評価された

韓国日報は米国の民間軍事力評価機関である「Global Firepower」の資料を引用して2015年の韓国の総体的軍事能力は0.2824(0に近いほど強い)で11位を、日本は0.2466で7位を記録したと伝えた。2014年の評価によれば韓国が7位、日本が9位だった。

韓国日報によれば「Global Firepower」は各国の順位の変動について別途の詳しい説明を出していない。しかし2014年と2015年の戦力を比較すると順位変動の原因を察することができる。日本は航空母艦級の艦船が3隻に増えるなど海軍戦力が増強し、北朝鮮は前方投入の兵力が比較的大きく増えた

一方、米国・ロシア・中国が並んで1~3位を記録した中で、北朝鮮の兵力増強も目についた。北朝鮮の前方配備兵力が69万人から70万人に増え、保有戦闘機も516機から672機に増えた。これに伴い2014年に36位だった北朝鮮の軍事力は25位へと11ランクも上がった。

中央日報日本語版2016.04.12

   images-3-48-150x150images

【関連する記事】