韓国若者→働いても豊になれない

韓国の2014年の実質国内総生産(GDP、速報値)が2年連続で前年を上回った。韓国国内では「16年にも1人当たりのGDPで日本を追い越す」といったシンクタンクの研究報告もあり、経済成長に自信を深める。しかし、一方で15~29歳の失業率が過去最悪を記録し、若者の半数以上が「まじめに働けば豊かになれる」という話を信じておらずGDPでは見えてこない“負の側面”が今後さらに膨らむ可能性は否定できない

■10~12月期GDPは2年ぶりの低成長

韓国銀行(中央銀行)が1月23日発表した2014年の実質GDPは、13年比3・3%増となり、伸び率は2年連続で前年を上回った。この数値だけをみれば順風満帆ともいえるが、実はそうでもない

同時に発表された14年10~12月期の実質GDPは前期比0・4%増と約2年ぶりの低水準。建設投資などが大きく落ち込み、民間消費も微増にとどまった。何よりも今、指摘されるのが韓国経済の“ゆがみ”の多さだ

例えば、輸出依存度の高さ。韓国では輸出がGDPの約5割を占めるといわれ、為替動向に左右されやすい。事実、このところのウォン高で韓国の輸出産業は厳しい局面に追い込まれており、経済全体にも多大な影響を及ぼしている

■財閥系がGDPの7割占める「歪さ」

さらに10大財閥がGDPの7割以上を占めるという歪さも依然解消されていないサムスン電子グループだけでGDP全体の約2割に達しており、サムスンの業績がそのまま韓国経済の浮沈につながるというのは一国の経済として健全とは言い難い

韓国では、サムスンや現代自動車など財閥系に就職できた社員は“勝ち組”とされ、それ以外の企業で働く社員の間には大きな格差が生じる。サムスンの入社試験の志願者が毎回10万人近くに達するのもそのためだが、大多数は「内定」をもらうことができず、待遇面の劣る中小・零細企業などに就職することになる

■15~29歳の失業率は過去最悪を記録

 それでも就職が決まればよい方で韓国では若者の失業率が悪化傾向にある。聯合ニュースの電子版によると、昨年1年間の若者(15~29歳)の失業率は前年比1・0ポイント悪化の9・0%と1999年以降で最悪を記録した。

また、アルバイトをしながら就職活動をする人や学生などを含めた雇用補助指標をみると、肌で感じる失業率(体感失業率)は11・2%と、これも最悪となった。こうした厳しい社会情勢を反映してか、韓国の若者の半数以上が「まじめに働けば、よりよい生活が送れる」という話を信じていないという

■サムスンがつまずけば、GDPも急落?

中央日報(日本語版)によると、現代経済研究院は昨年12月、1人あたりのGDP(購買力平価ベース)で今年にも日本に並び、16年には追い抜くとの研究報告を発表し、注目を集めた。

とはいえ、一握りの企業の収益がGDPを大きく左右する“歪な国”だけに、サムスンのスマートフォンが売れず、業績が低迷すれば、当然のことながらGDPもあっという間にマイナスとなる実質GDP3・3%増といっても手放しでは喜べないというのが本音だろう

参考 産経新聞 2015.01.24

【関連する記事】