韓国経済ボロボロ

韓国メディア「アジア経済」は28日、「今年上半期に韓国主要企業の業績はボロボロで、下半期も大きく改善することはないだろう。韓国経済に赤信号が灯った状態だ」と報じた。中国・環球網が29日伝えた。

報道によると上半期に主要企業の業績が悪かった大きな原因は「ウォン高」で、この状況は今後も続く可能性がある。ウォン高が韓国経済に与える悪影響は小さくない。

韓国の財界関係者は28日、「為替の問題や企業に国際的なライバルが現れたこと、保護貿易主義が強まったことや負債など、国内外のリスクが影響して韓国主要企業は下半期も厳しい状況が続くだろう」と予想。「為替の問題が韓国企業の競争力を弱める最大の脅威となる」と指摘した。

韓国企業の経営状況は下半期にさらに厳しくなる可能性がある」と指摘した。

参考 xinhua .jp 2014.07.29

 

 

【関連する記事】