韓国経済→2030年まで継続下落

韓国・聯合ニュースによると、韓国の経済成長率が30年まで継続的に下落するとの見通しが出された

韓国銀行(中央銀行)の今年の予想経済成長率が3.4%から3.1%に下方修正されるなど、国内でも低成長の懸念が出ている。また、米農務省が10日(現地時間)に発表した資料「世界のマクロ経済見通し」によると、今年の韓国の国内総生産(GDP)の成長率予測は4.02%で、来年には3.76%に低下する。さらに、21年のGDP成長率予測は2.91%となり、3%にも達しない。このような傾向が続けば、30年には予想GDP成長率が2.06%になる。米農務省のGDP成長率予想がもし30年以降についても示されたとすると、韓国の予想成長率が1%台となることが十分に考えられる

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。以下はその一部。

住宅価格も下落してくれ
次の指導者に期待する
「南北統一がなければ、もう駄目だ」
土地も狭いし、地下資源もない。大した技術もないし、ブランド感があるわけでもない。韓国料理も人気ないし、韓国には何もない
「人口増加がなければだめだ」
「こんな予想笑わせる。今年から1%台に下落だ
「国内景気回復のために、住宅バブルを利用するような国が、うまくいくはずがない」
正直、今の政権では駄目だ
「政権が変われば、変わるものもあるだろう。政権を変えよう
「マクロ経済学を知っていれば分かると思うが、誰が大統領になろうと、大韓民国の経済成長率が2%前後になることは、ほとんど既定の事実だ

参考 Record China 2015.04.12

【関連する記事】