韓国料理店からも旅行風の若者が姿を現す

大阪の繁華街・ミナミで外国人向けの違法民泊が横行しているマンションの一室だけでなく、韓国料理店がインターネットで客を集め、空きスペースに宿泊させる手口も大半は旅館業法に基づく営業許可を取っていないとみられる。大阪府警も状況を把握しており、同法違反の疑いがあるとみて情報収集を進めている。(大森貴弘)

 中国や韓国、インドなどさまざまな国の料理店が立ち並ぶミナミの一角、島之内地区周辺。毎朝、マンションや飲食店から、重そうなスーツケースをひいた旅行客風の若者が次々と姿を現すいずれも友人同士やカップル風夜のにぎわいとはかけ離れた静かな朝に大声で会話するグループもいる耳を傾けると、中国語や韓国語のようだ。最近は平日、休日を問わず、こうした風景がみられる

韓国料理の看板を掲げた店から出てきた若者に話を聞いた韓国・ソウルから大阪や京都の観光に訪れた男子大学生ら6人のグループだ。その1人の男子学生(22)によると、「安くて快適な宿」をネット掲示板で尋ねたところ、「宿泊経験者」を自称するネットユーザーからこの店を紹介されたという

泊6日の滞在で1人1泊2500円韓国風のり巻きなどの朝食付きで格安といえる1階は飲食スペース。3階の一室に2段ベッドが並び、6人全員で泊まったという学生らは「ご主人が韓国語を話せる人で、心強く快適に過ごせた」と満足げに語った

大阪市によるとこの店は旅館業の営業許可は取得しておらず、違法民泊の疑いが濃厚だ店の前に韓国料理のメニュー看板を掲げているが、宿泊に関する案内はない女性経営者は産経新聞の取材に「今は飲食店はやっていない。全く別の仕事をしている。あなたには関係ない」と話した

ホテル業界関係者によると、ミナミで民泊が目立ち始めたのは2~3年前当初はマンションの空き室などを利用するスタイルだったが、最近は韓国料理店がネット広告などで客を募り民泊に手を出すケースも目立つという韓国人向けのネット掲示板によれば、ミナミにある同様の民泊は少なくとも約10軒に上る

市や府警には違法民泊を疑う通報が多くあるが、捜査関係者は「利用者は短期滞在の外国人観光客事情を聴くのが難しく、摘発のハードルは高いと言わざるを得ない」と話している

産経新聞 2016.03.27

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】