韓国大統領→対日関係未来志向で

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は15日、青瓦台(大統領府)で開かれた秘書官会議で、日韓関係について「懸案は懸案として解決しつつ、協力が必要な事案を中心に未来志向的に発展させる方法を探してほしい」と述べた22日の日韓国交正常化50周年を前に、対日関係の改善に取り組む柔軟姿勢を示したと見られる

朴大統領は11日の米紙とのインタビューでも、慰安婦問題を巡る日韓協議について「相当な進展があり、現在最終段階にある」と述べていた

日本側の外交筋は「すぐに合意を発表する段階ではない」としている。

朴大統領は、22日にソウルで行われる在韓日本大使館主催の50周年記念行事への出席を検討している。慰安婦問題で一定の前進があったとして、関係改善の環境整備を図ろうとしている模様だ。ただ、韓国での中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染拡大問題が影響し、記念行事は大統領のビデオメッセージで代替される可能性もある

参考 毎日新聞 2015.06.15

【関連する記事】