韓国企業がベナムで常識外れの人権侵害

1日の韓国日報によると、ベトナムに進出した韓国企業の労働者に対する“常識を外れた”人権侵害の実態が、人権団体などの調査で明らかになった

韓国の企業人権ネットワークが31日に公表した調査結果には、信じがたい人権侵害事例の数々が列挙された

ある企業では、労働者は1日に数回トイレに行くと警告を受け、警告が2回になると「イエローカード」で減給処分となる。イエローカードを2回受けると、解雇される仕組みとなっていた。トイレに行ける時間も午前中が9時半から10時半、午後は2時から3時までに限定されていた

別の企業では、生産数量が予想を下回ると、工場の門をすべて封鎖し、労働者の身体検査を行っていた。また、数か月間賃金を払わずに労働者から抗議されると「一銭も与えない」と脅す事例もあったほか、賃金未払いのまま撤退した企業も4社にのぼる。さらに、女性労働者に対し「今後3年間は妊娠しない」という誓約書を書かせた企業もあった

このほか、1時間あたり1万8000ドン(約100円)の手当てで月110~120時間の残業を強いたり、土曜日の午前8時から日曜日の午前8時までの勤務を強要したりする企業もあり、会社が提供した弁当を食べた1000人の労働者が食中毒を起こしたこともある

こうした過酷な労働に対し、賃金は不十分だった。調査対象となった韓国企業の最低賃金は月215万~310万ドン(約1万2200~1万7600円)。ベトナム労働総連盟が昨年行った子供のいる家庭の最低生活費270万~400万ドンよりも30~40%下回るレベルだった

報告書によると、ベトナムの韓国企業では2009年から2014年の間に計800件のストライキが発生、ベトナム全体のストライキ件数の実に26%を占めた。バクニン省では昨年発生した26件のストライキのうち、16件を韓国企業が占めているという

ベトナムの専門家は「韓国企業の労働紛争は、ほとんどが労働者を見下した態度から始まる」と指摘。今回の調査に参加した韓国人弁護士は「海外進出企業で発生する労働紛争を解決するには在外公館の役割が重要。韓国企業の保護だけを考えるのではなく、企業が労働人権規範を順守しているかどうかを監視すれば、不必要な外交問題に飛び火することはない」と話している

調査は昨年12月、ベトナムのホーチミン市やハノイ市、バクニン省など、韓国企業が多く進出する地域で実施された。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「アグリーコリアン、アグリー企業。企業名を明かせ」

「賃金搾取に命をかけた悪徳企業が国に恥をかかせている

安全面でも賃金面でも環境面でも・・・暗い現実・・・。ドイツの会社で働いたことがあるが、外国人だからといって差別はなかった。韓国企業は社員を追い詰める

「企業名を公開しろ。ベトナムだけでの問題ではない。他の国でもやっていると思う」

国の名に泥を塗った企業は取り締まったほうがいいと思う

「外国に行ったら韓国人であることを隠さなきゃ」

「本当に恥ずかしい」

強い者には尻尾を振り、弱い者を叩く美しい伝統」

悲しいことは、韓国でも同じということ。韓国でもトイレに頻繁に行くとクビになる

「外国、特に東南アジアで韓国人経営者が殺されたりするのは、理由があった」

ベトナムはベトナム戦争で韓国に怨恨があるのに、またそこで差別をするなんて、ベトナム人が韓国をどう思うのだろう?

「韓国は中国を下に見ているが、中国企業は残業も少なく、法律で決められたことを守っている。韓国企業は、表向きはグローバル企業だが、労働環境は後進国」

韓国も高度成長期に自国民を奴隷のように働かせた。あの時代を忘れるな。ベトナムに我々は大きな借りがある。ベトナムでこんなことをしてはいけない

「大使館はどうか仕事をしてくれ」

「ベトナムで働いてみないと、韓国企業の苦悩が分からない」

私たちは日本の悪口を言う資格はない

「日本の残滓を清算するところか、真似している韓国。日本に戦時中にやられたことを外国人労働者相手にやっている」

「この国の社長らには、日帝時代の習性 が残っていて、労働者を奴隷として扱う
「韓国の基本的な企業文化が間違っている。日本帝国主義時代の遺物に軍隊の上下文化が混ざり合い、おかしな方向に行っている」

参考 FOCUS ASIA  2015.06.01

 

【関連する記事】