韓国企業→続々と中国から撤退

多くの韓国企業が続々と中国市場から撤退している最大の原因は労働力コストの上昇による利益率の縮小だが、それよりも大きな原因は中国政府が外資系企業に対する優遇政策を相次いで廃止していることにあると指摘された

山東省青島を例にとると、青島韓国企業が最も早くから進出している都市で、投資額も最大だが、韓国企業は現在2000社ほどしか残っていない。山東省全体でも最盛期は1万社を超えていたが、現在は4800社ほどにとどまっている

これについて、KOTRAは「近年、山東省から撤退する韓国企業は毎年500社に上る。2008年の金融危機以降、中国で紡績、製靴、宝飾品加工に従事していた韓国企業が競争力を大きく失い、多くの企業がベトナムやミャンマーなどの東南アジアにシフトした」と指摘している

参考 xin hua.jp     2014.11.17

 

【関連する記事】