韓国企業→世界最悪レベルに墜落

韓国・世界日報によると、韓国企業の景況感が経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最下位圏に落ち込んだことが分かった

19日、韓国企画財政部とOECDによると、6月の韓国の企業信頼感指数(BCI)は97.9で、前月より0.5ポイント下落、比較可能なOECD加盟25カ国中、23位にとどまった。BCIは6カ月後の企業の景気を見る指標で、100以上であれば景気好転を、100未満であれば景気下降を予測する企業が多いことを意味する。今回の韓国のBCIは、債務問題に揺れたギリシャと同レベルだった

OECD加盟国のBCI平均値は、持続的な景気好転を意味する100を超えているが韓国はこれで49カ月間連続で100未満を記録したことになる。韓国政府は投資拡大などを促す政策を行っているものの、企業では景気への否定的な認識が依然支配的だ

これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「もうOECDを脱退しよう。悪いことは全部1位、良いことは全部ビリだ
「セウォル号の惨事から大変な状況が始まったけど、まだ回復しないんだね」
脱税を防げ公務員や政治家がじゃんじゃんお金を使うのもやめさせろ
日本の高卒就職率は97%、大卒は96%だ若者たちよ、無能な政府に期待せず、海外に行け

「国がどんどんひどい状態になるのはなぜなんだろう?」
「それでも今はまだまし。朴槿恵(パク・クネ)大統領の任期が終わる頃には、国が滅び兼ねない
「ギリシャと同レベルに腐敗した政治家と、腐った公務員、世襲財閥…。韓国には、第2のギリシャになる必須条件が全部そろっている

経済も駄目、外交も駄目、事件対処も駄目。スペクタクルだね(笑)」
「朴槿恵と李明博(イ・ミョンバク)のそもそもの目標は、国をつぶしてギリシャのようにして、自然と日本に屈従させることなんだ」
「設備や能力の面では日本に後れを取って、価格競争では中国について行けず、経済を再生させると言ってやることが土地投機の奨励だから経済はより早く駄目になる

参考 Record China  2015.07.22

 

【関連する記事】