韓国人は狂っている→フランス人

韓国メディア・ヘラルド経済は23日、LG電子の海外法人で10年間トップを務めたフランス人が、韓国の企業文化をまとめた本を出版したことを報じた

本のタイトルは「韓国人は狂っている」。記事によると、著者のエリック・シュルデジュ氏は、著書の中で「一日10~14時間勤務、上司による冷酷な監視体制一日中パソコンと電話にくっ付いている職員、厳しい評価と懲戒、宗教集会のような研修」など、韓国企業の問題点を厳しく指摘している

また、「出勤前日に社長が幹部社員の頭に辞書を投げつけたことを目撃したこと」「韓国本社のテレビ事業本部長の突然の訪問を受け、家電売場に飛んでいき、自社製品だけを展示してもらったこと」など、とんでもないエピソードを告白している

シュルデジュ氏は、「韓国人の存在理由は『会社』と『仕事』のみに限定され過労で同僚が倒れても、担当医にいつ復帰するかを尋ねる様子をみて、理解しがたかった」と述べている

記事は、文化の異なる国の出身者が書いた本だが、悲しすぎる韓国人の自画像だと伝えた

この記事に対し、韓国のネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

会社の上司は喜ぶと思う狂うくらい働いてきたから、今の韓国が築けたとか言いそう

韓国人は人生の本質を忘れている

「会社の代表が来るからと掃除を始める会社を見ていると、韓国はまだまだだと思う

「韓国を裏切った。こんなことをするから、フランスからは国を代表する家電メーカーが生まれない」

韓国の悪い企業文化をよく理解している何のために毎日夜遅くまでお酒を飲まなきゃならないかぜんぜん分からない。会議もいらない

「韓国もひどいが米国もひどかった米国企業は違うと思ったが、働いてみると、韓国より上下関係も厳しく、夜勤も多い

「韓国の財閥は反省してほしい」

「フランスには人種差別がある。自国のことは棚に上げ、韓国の悪口を言うのか?」

「たぶん、韓国以外の多くの国もこのように社員を奴隷のように扱っていると思う

参考 FOCUA ASIA.COM 2015.07.23

 

【関連する記事】