韓国人の火病急増→サラリーマンの90%

韓国人サラリーマンの90.18%が「火病(鬱火病)をにかかったことがある」とした

就職ポータルの「キャリア」は27日、サラリーマン448人を対象にアンケート調査を実施した。この結果、「職場生活のなかで火病にかかったことはあるか」という質問に90.18%の会社員が「ある」と回答した

火病にかかった理由のうち1位は「上司や同僚との人間関係にともなう葛藤(63.80%)」が占めた。また、「多すぎる業務、業務成果に対するストレス(24.89%)」「人事など考課算定に対する不利益(3.62%)」「早朝出勤および夜勤による睡眠不足(3.17%)」「解雇やリストラに対する不安感(2.71%)」などの理由が後に続いた

火病はどのような形態で現れるか」という質問には34.68%が「慢性疲労を病んでいる」と回答した。また、「躁鬱症(19.02%)」「脱毛(12.30%)」「職業病(9.84%)」「呼吸困難(6.26%)」「パニック障害(4.25%)」「その他(13.65%)」が後に続いた。

オンライン上で悩みを解消する自分だけの方法があるか」という質問には、33.92%の人が「フェイスブック、ツイッターなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)」を挙げた。次に「オンラインコミュニティ(30.99%)」「スマートフォンのアプリケーションプログラムにコメントを残すこと(17.54%)「ブログ(12.28%)」「社内イントラネット掲示板(2.92%)」「その他(2.34%)」等の方法で悩みを解消することが明らかになった

一方、火病は「くやしいことにあったり恨めしいことを体験して、積もった怒りを抑えることができずに表れる身体や精神のさまざまな苦痛」を称する言葉だ。主に胸にしこりがあるように感じ、苦しく熱がこみ上げてくるような症状が現れるため鬱火病とも呼ばれる。米国精神医学会でも火病を1995年から「火病(hwa-byung)」と表記して認めている。

参考 中央日報日本語版 2015.01.28

【関連する記事】