韓国人の恋愛観は積極的!

韓国の調査会社「第一企画」はこのほど、日中韓3カ国の20-40代の女性300人(国別100人)を対象に「女性恋愛上手」と題したアンケート調査を行った。聯合ニュースなど複数の韓国メディアが23日付で報じた。調査結果について、韓国メディアは日中の女性に比べ、「韓国人女性は積極的な恋愛観を持っていることが分かった」、「日中韓3カ国の女性の恋愛観の違いがはっきりした」などと伝えた

報道によれば、同アンケート調査は、第一企画のトレンド予測レポートである「マイノリティ・リポート」の最新号に掲載されたもので、日中韓3カ国の20-40代の女性300人を対象に実施された。調査対象者は平均14回の恋愛経験を持つ女性たちだ。

調査結果によると、「初めての出会いでも相手と肉体的な関係を持つことは可能か」との設問に対し韓国人女性は12%日本人女性は9%中国人女性は1%が「はい」と回答した。韓国メディアは同結果について「韓国人女性は積極的な恋愛観を持っていることが分かった」と伝えた。

続けて、「初めての出会いでキスは許容できるか」の設問に対しても韓国人女性の30%日本人女性の15%中国人女性の5%が「はい」と回答。日本や中国と比べてはるかに高い数字になった。

また、3カ国の女性達の恋愛観の違いが顕著に現れたのは「仕事よりも愛が重要?」という設問だった。同設問に対し、「はい」と回答した日本人女性は70%と最も高く、続いて中国人女性が58%韓国人女性が52%だったと伝えた。また、「待ち合わせ時間から10分以上が過ぎても待ち続けられる?」との設問にも日本人女性の86%が「待てる」と回答、中国人女性は66%韓国人女性は58%が「待てる」と回答した。

一方で、「初めての出会いでは、いかなるスキンシップも許容できない」との設問に対し、「はい」と回答した割合は、中国人女性が23%、続いて日本人女性が16%韓国人女性は9%だったと伝えた。

また報道によれば、結婚相手(配偶者)を選ぶ時の重要な要素(2つ選択)では、韓国人女性の場合性格が66%、ルールが33%、財力が22%、職業が22%となった。また、中国人女性は性格が70%、健康状態が27%、外見が23%、財力が20%の順となり、日本人女性においては性格が69%、ルールが41%、財力が26%、趣味趣向が20%の順になった。韓国メディアは同調査の結果について、「日中韓3カ国の女性の恋愛観の違いがはっきりした」などと伝えた。

参考 サーチナ 2014.12.27

【関連する記事】