韓国人の半分は怒りの調節が困難

韓国メディア・MBCは2日、韓国の成人の半分が怒りの調節が難しいという調査結果を伝えた

韓国では最近、別れを切り出された男が激昂して交際相手の女性を追い車で建物に突っ込んだり、「スープが塩辛い」という言葉に怒ったレストランオーナーが凶器を振り回したりといった事件が相次いでいる

韓国精神健康医学会の調査結果は、こうした「怒りの調節障害」は決して特異な人だけの問題ではないことを示している韓国の成人の半分以上は怒りの調節が上手くできず、努力が必要な状態だった。さらに、10人に1人は治療が必要なレベルだった

その原因は経済問題や人間関係のストレスと見られ、専門家は「欲求不満や孤独などが、2次的に『怒り』の反応を引き起こしている」と指摘している

韓国では昨年、「腹立ちまぎれ」に行われた暴力犯罪事件が15万件発生しており、全体の約4割を占めているという

このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「自己防衛が要求される社会。自分は自分で守れないといけない」

現代社会のストレスが怒りの感情を制御できなくする

憤怒調節がうまくいかず犯罪を犯すことが多い。リラックス、リラックス

お酒まで入るともう最悪

「怒る人も問題だが、怒らせる側にも問題がある」

怒りの感情を調節できないのは、自分にとって損

「汁がしょっぱいから、うるさいから、悪口を言ったから、駐車したから、これ全部殺人の理由。この国は殺人と強姦、暴力大国か?

「自分より強い人には絶対に怒らない」

「韓国教育の問題。耐えることを美徳だと教えている。ストレスは解消せねばならないのに、ため込むから、爆発して、人生を棒に振る

韓国に暮らして狂わなければ上等だ。韓国ではカネがすべて。誰がこんな社会にした?政治家は反省しろ

「単に国民のレベルが低い」

「怒りの感情を制御できない理由は幸せではないから、以上」

韓国の民族病の火病。韓国が大きな精神病棟のようなもの

韓国人は無礼で、悪口ばかりいう。世界でこんなに無礼な民族もない

怒りの制御能力は世界で最低レベルだと思う

参考 FOCUS ASIA 2015.04.03

 

【関連する記事】