韓国人が初めての日本旅行→驚く

2015年6月1日、年初に初めて東京を訪れた韓国人観光客がこのほど、「日本で驚いたこと」についてブログにつづった。

日本旅行で最も驚いたのはコンビニの店員だ仕事に臨む姿勢が韓国とは全く違う日本のコンビニに入ると、90%以上の確率で、店員は在庫整理をしていた。全員がきっちりと制服を身に付けていて、客が入って来ると、声の大きさに違いはあるものの、必ずあいさつをする。声のトーンや表情から、義務的にしているなと感じることもあったが、それでもあいさつをしない人は1人もいなかった。客の少ない早朝に訪れた時も、雑誌を読んだり、携帯で遊んでいることはなく、忙しそうに店内を動き回っていた

一方、韓国のコンビニ店員は、制服があるにもかかわらず私服で働いている人が多いし、客が入って来てもあいさつをする人はほとんどいない。ゲームをしている店員もよく見かける。勤務中に携帯をいじり、売れ残った商品を食べながら「時給が安過ぎる」と文句を言っているが、本当に腹立たしい日本のコンビニ店員は一生懸命働いているから、店長もそれを認め、高い時給を支給するのだ

韓国は駄目で、日本が最高だ」と言いたいのではなく、ただこの現状を認めよう昔の日本が、プライドを守ろうとする保守派の反発の中でも西洋の文化を受け入れ、先進国になったように。韓国も、基礎的な部分から市民意識まで、日本の良いところを受け入れ、直していかなければならない

参考 Record China  2015.06.01

 

【関連する記事】