韓国人→愛国心で車は選べない

韓国・TV朝鮮はこのほど、今年の韓国自動車市場で、日本車の販売台数が前年同期比で4割近く伸びていることを紹介し、「韓国人の日本車に対する片思いがますます深まっている」と報じた

報道は、現代自動車が過去に日本市場から撤退を余儀なくされたにも関わらず韓国では日本車が売れていることを「韓国の片思い」と表現。「外交的には日韓関係が最悪な状況だが、民間では大韓民国の人々の日本片思いがますます深まっている」とした

日本車はこれまで、韓国市場では欧州のディーゼル車に押されていたが、今年は復活の兆しを見せている。トヨタ、ホンダ、日産のこれまでの販売台数は4209台と、前年同期比で39%の急増となった。

一方、現代自動車は2000年に韓流スターのペ・ヨンジュンさんを広告モデルに起用して日本市場攻略に乗り出したが、年間販売台数は数百台にとどまって約10年で撤退している。日本の消費者が持つ“韓国車は安物”という先入観を解消することができなかったためだ。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「韓国人であることから離れて冷静に考えてみると、国内の車は値段は高いのに、技術力が劣っている。日本の自動車技術は韓国より2段階以上レベルが高い。これは認めるしかない

韓国車は・・・劣っている

「このままでは、現代起亜は終わり」

愛国心で車は選べない

車に対して愛国心云々はやめてほしい正直、命がかかっているんだから、いい車を選ぶに決まっている

「現代起亜車は危ない」

「日本は絶えず韓国の領土を強奪しようとしているのに、日本車の売上は日々伸びている。日本人は韓国車を買わない。日本を豊かにする日本車の購入はやめろ」

日本をあれだけ嫌っているのに日本車、日本の家電製品、日本旅行、日本ファッションに狂っている。韓国産を買って、韓国経済を救わなければならない」

「日本が隣国だから、技術移転で何とかやっていけてる韓国。日本がなかったら、とっくの昔に中国の田舎になった

「日本は独島を日本の領土として編入しようとしている。日本のビールと日本車に片思いの韓国国民が独島を守ることができるのだろうか?

参考 FOCUS ASIA 2015.04.08

【関連する記事】