韓国ネット→一番おそれていたことが起きた

韓国・ハンギョレ新聞は、インドネシアで開かれているアジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念サミットの演説で、安倍晋三首相が植民地支配について「謝罪」せず、先の大戦への「反省」だけに言及したことをどのように受け止めるかが、今後の韓国外交の課題になると指摘した

安倍首相の演説について、東京大学の和田春樹名誉教授は、「植民地支配への反省がしっかりと込められた1995年の『村山談話』に比べて不十分だった。日本の歴史認識が後退したことを表している」と指摘。また、神戸大学の木村幹教授は「韓国は植民地支配に対する謝罪を望んでいたが、安倍首相はそれに応じなかった。韓国を中国と離し、孤立化させようという意図だ」と主張した。

韓国政府関係者からは、「安倍首相が29日に予定している米議会上下両院合同会議での演説で戦争に対する反省を示すなら、米国議会は拍手を送るだろう。そのような中で韓国が日本を批判すれば、『日本は謝っているのに、なんで韓国は受け入れないのか』と、逆に批判されるかもしれない」との懸念が出ている。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

韓国の主張は絶対に間違っていない!!
「過去の米国への攻撃を謝罪しても、韓国に謝罪したことにはならないでしょ?米国は米国、韓国は韓国。周りの目を気にして態度を変えたら、逆に国際社会からの信頼を失うことになる

周りに流されずに、韓国は韓国らしくいればいい
「日本が強い理由は金だ。批判するだけでなく、日本製品不買運動をして、少しでも日本経済に打撃を与えよう」
「国際社会から仲間外れにされたとしても、韓国は好き勝手に行動すればいい。それが韓国には合っている」

安倍首相は大嫌いだけど…能力はあるようだ
一番恐れていたことが起きてしまったね
孤立は韓国が自ら招いたものだ日本はいつまでもブツブツ言っている韓国に愛想が尽きたようだこれからは何を言っても無視されそう
日本と手を組めば、『親日政府だ』と国民に批判されるし何もしないと孤立する。朴大統領も大変だな

参考 Record China 2015.04.23

 

【関連する記事】