韓国サムスン→尋常じやない状況に

2014年9月24日、韓国メディアは、大韓民国を代表する企業、サムスン電子が尋常ではない状況に追い込まれていると伝えた

サムスン電子の株価は下落を続け、23日には116万1000ウォンで取引を終えた

2日間で7兆ウォン(約7000億円)が消えた。サムスン証券は22日に発表した報告書で、サムスン電子の第3四半期の営業利益が4兆7000億ウォン(約4700億円)まで落ち込むと予測している。

サムスン電子が過去最高の業績を記録した2013年第3四半期の営業利益10兆2000億ウォン(約1兆200億円)と比較すると半分以下になる。

参考 record china 2014.09.25

 

【関連する記事】