韓国は違法漁業国か?→輸出禁止制裁

韓国海洋水産部は20日、欧州連合(EU)が韓国を「違法漁業国(IUU)」に指定するかどうかの最終判断が、予定の1月から1カ月ほど先送りされ、2月になる可能性があると明かした。韓国・聯合ニュースの報道として、中国・環球網が20日伝えた。

EUは2013年1月、韓国がアフリカ西部の海域で違法漁業を行っているとして、違法漁業国に予備指定。14年7月には韓国当局に対して、「6カ月後に最終判断を示す」との内容の書簡を送っていた。

韓国海洋水産部の当局者は判断が先送りになったことについて、「EU内部の水産総局の担当者が変わったことに起因する可能性がある」と指摘しており、同部の金永錫副長官が欧州でEU側の担当者と協議を行った。

韓国が最終的に違法漁業国に指定されれば、国のイメージに傷がつき、EUは韓国に対して水産物の輸出禁止という制裁を加えることとなり、経済的損失は1億米ドル(約118億円)に上る恐れがある

米国もEUの判断に基づいて韓国を違法漁業国に指定することを検討しており、韓国はこれも回避したい考えだ
参考 FOCUS ASIA.COM 2015.01.21

 

【関連する記事】