韓国は為す術なし→韓国軍事専門家

中国メディアの泉州晩報は14日、横須賀基地にこのほど配備されたヘリコプター搭載護衛艦「いずも」について「戦後最大となる護衛艦」だと紹介し、韓国の軍事専門家が「『いずも』をはじめとする“打撃群”が独島(竹島の韓国側呼称)を武力で占領したとすれば、韓国はまったく為す術がない」と語ったことを紹介した

記事は、10年後の「いずも」の甲板にヘリコプターが搭載されているようであれば「東アジアは比較的平和な状態であるだろう」とする一方、「いずも」の甲板が改修され、戦闘機が搭載されているようでは「日本と中国は一触即発の状態に陥っているだろう」と論じた

続けて、日本は数十年間にわたって、「他国を侵略する戦争の道具の保有を明確に禁止してきた」と主張する一方、「いずも」が全長248メートルに達することや複数のヘリコプターを同時に離着艦させられる点などを指摘し、「どう見ても普通の護衛艦ではなく、中国や韓国は準空母であると認識している」と論じた

さらに、「いずも」が隣国の警戒を招く理由は「米国が開発中である『F-35』戦闘機を運用できる能力がある点だ」と主張。続けて、「F-35B」は垂直離着陸が可能な点を挙げ、「F-35Bは“いずも”にまさにちょうど良い戦闘機であり、改造すれば8機から9機のF-35Bを運用できる」と警戒感を示した

また記事は、韓国の軍事専門家が「日本が“空母打撃群”を“独島”の周辺海域に投入したと仮定すれば、実質的に朝鮮半島はすべてが作戦行動範囲に入ってしまう」と述べたことを紹介。

続けて、同専門家が「韓国東部にある防空識別圏も日本に制圧され、独島上空の作戦能力も削がれることになる」と述べ、仮に「“いずも”をはじめとする打撃群が独島を武力で占領したとすれば、韓国はまったく為す術がない」と語ったことを紹介した

参考 サーチナ2015.04.15

【関連する記事】