韓国の道はごみだらけ!?

韓国・モーニングトゥデイは、韓国人のごみのポイ捨て事情について報じた

5日午後、ソウル明洞中心部の通りで若い韓国人男性が、食品を食べた後に残った棒を手に持って左右を見回し、しばらくすると棒と使用済みのティッシュペーパーを道端に投げ捨てた。また、たばこの吸い殻をポイ捨てした50代の韓国人男性は理由を聞かれると、「近くにごみ箱がないから」と言い残し、悠然と去っていったという。今、ソウル市民は路上の至る所に散乱するごみに疲弊している。市に対して、「道にごみがあふれているので、ごみ箱を増やしてほしい」という要望や苦情が絶えないが、市側は「(ごみ箱を設置すると)ごみ箱自体を無断投棄するなどの副作用が考えられるため、ごみ箱の設置ではなく、市民意識を高めなけなければならないという立場である」と回答している

こうした現状に、韓国のネットユーザーから多くのコメントが寄せられている。以下はその一部。

路上で物を食べるからだ。路上で食べるな
「ごみは道じゃなくて、ポケットに入れて持ち帰るもの」

「本当に、ごみ箱が少ない」
ごみ箱は関係ない。外国でもごみ箱は基本的にそんなに設置されていない
「ごみ箱を設置しても解決しない。ごみ箱周辺がごみ捨て場になるだけだ」

韓国は国民性が未開だから…
反日のやつらは一度日本に行ってみろ!韓国と違ってどれだけ道路がきれいか…
市民意識を高めるほかない

「『ごみ箱がないから捨てた』なんてことが理由になると思っているやつがいるとは…」
「ポイ捨てするようなやつは、どんな対策を講じようと必ずポイ捨てするんだよ」
「道にごみを捨てるようなやつらは、良心も捨てている」

参考 REcord China  2015.04.08

 

【関連する記事】