韓国の輸出業界はつらいよ!

韓国メディアの中央日報の中国語版は6日、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンがユーロ安を背景に米国市場で値下げによる販売強化をしているとし、「韓国の輸出業界では泣きたくても涙が出ない状況」と苦境を伝えた

記事は、すでに苦境に直面している韓国経済に対し、ユーロ安がさらなる打撃をもたらしているとしドイツなど欧州の主要企業がユーロ安を利用して輸出価格を引き下げているとし、「韓国の輸出企業が打撃を受けている」と論じた。また、韓国が欧州から輸入する製品が増えるにつれ、貿易赤字の規模も拡大しているとした

続けて、韓国の証券会社の関係者が自動車や機械、化粧品などの業界をテーマに開催した会議では、ドイツやフランス、イタリアなどの企業と競合関係にある業種には「赤信号が灯った」との声があがったと紹介今後2-3年にわたってユーロ安が続く場合、自動車や機械、化粧品の業種で欧州企業と競合関係に韓国企業は「極めて大きな困難に直面する」可能性があると論じた

また、韓国の輸出企業にとってユーロ安による相対的なウォン高によって利益が減少していると指摘。輸出企業のなかには顧客に値上げを要請するも、「欧州も不景気だから」などの理由で断られたケースがあると紹介した。

記事は、ユーロが2014年下半期から下落し始めたことを紹介、韓国貿易協会国際貿易研究院の分析を引用し、2014年第3四半期から15年第1四半期までにユーロが9%も下落したと指摘。ユーロ安が進んでいる背景として、欧州中央銀行(ECB)が実施している量的緩和策のせいだと論じた。

参考 サーチナ 2015.04.07

【関連する記事】