韓国の財閥→国内の貧乏を歓迎

日本に対し、自国の優越をやたらと主張する韓国に対しては、“捏造”のできない数字を突きつけない限り、自らを見つめ直す客観的な視点を永遠に与えられないだろう。そこで実際の数字を調べて比較してみた。経済面で比べてみると、当然日本の圧勝である。

世界3位の日本のGDPは5兆9602億7000万ドルだが、韓国は1兆1292億ドルにすぎない。対外投資も日本の1223億5500万ドルに対して韓国は231億6400万ドル。市場規模を比べてみると、東証の時価総額は3兆8870億ドルで、韓国証券取引所は1兆1549億ドル。比べるのも可哀想なほどなのだ。

ところで、韓国には“世界最大のIT企業”といわれる家電メーカーのサムスン電子がある。韓国の学生の4人に1人が志望し、韓国証券取引所の時価総額のうち、約15%はサムスンのものだといわれている

そんなガリバー企業が、日本との経済格差を助長している面もあるという。韓国経済に詳しい経済評論家の三橋貴明氏がいう。

韓国はいびつな資本主義の国ですサムスンのような財閥企業が中小企業の新規参入を妨害し、一人勝ちで寡占することを是としている日本のように国内企業が互いに競争をすることはありません

財閥企業は足元の国内を市場ではなく人件費として見ているので、彼らにしてみれば韓国国民の貧乏は歓迎なのです

日韓の各省庁によれば、国民の世帯平均年収は日本が548万円、韓国は404万円。世帯平均貯蓄額は日本の1658万円に対し、韓国は618万円と、国民単位でも差は如実だ

参考 news ポストセブン 2014.01.07

【関連する記事】