韓国の朴大統領→安倍首相の演説を批判

先週、アメリカ議会で演説を行った安倍首相を、韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が批判した
体調不良のため、公務を休んでいた朴大統領は、1週間ぶりに公務に復帰した4日の会議で、安倍首相が、アメリカ議会演説の中で、いわゆる従軍慰安婦について直接の言及をしなかったことなどについて、「日本は歴史を直視していない」などと批判した
韓国内では、日米首脳会談の成果に対して、韓国が外交的に孤立しているとの論調も広がっている
一方、アメリカのオバマ大統領と安倍首相は、訪米についてツイッター上に書き込んだ
この中で、オバマ大統領は、「歴史的訪問をありがとう」としたうえで、ローマ字で「また、ちかいうちに」と締めくくった

参考 フジテレビ系(FNN) 2015.05.04

【関連する記事】