韓国の大企業→絹並みにサムスン式衰退

韓国サムスン電子の昨年1年間の売上高は前年比10%以上の減少となり、9年連続のマイナス成長を記録したが、韓国の世界的企業の半数以上が同様の傾向に陥っている。9日付で環球時報が伝えた。

8日付の韓国紙・中央日報によると、世界の先端製品を展開する韓国の524社を対象に調査を実施したところ、半数を超える284社(54.2%)で売上高が前年を下回ったことが分かった韓国を代表する企業であるサムスン電子は2000年以降、年平均15兆ウォン前後の成長を続けてきたが、最近は急ブレーキがかかったようにその勢いが止まった

世界ランキング首位の造船会社、現代重工も低価格を武器にするライバルにシェアを奪われ、会社創立以来最大の営業赤字を計上した。世界経済の停滞も要因の1つだが、このほかにも技術競争力やウォン高といった難関を乗り越える必要があるようだ

参考 FOCUS ASIACOM 2015.01.12

 

【関連する記事】