韓国の「中国頼み」→ますます顕著に

中国メディア・騰訊によると韓国文化観光研究院はこのほど、中国人観光客が今年韓国にもたらす経済波及効果は23兆2000億ウォン(約2兆5400億円)に達し、韓国の国内総生産(GDP)の1.6%を占める見込みであるとの報告書を発表した

韓国を訪れる中国人観光客は年々増加しており、13年は433万人、14年は約600万人の見込み

目的地もソウル市内の明洞やロッテワールドだけでなく、済州島や釜山、清州など全国に広がっている

釜山市では昨年、中国人観光客70万人を迎え入れたが、今年は100万人以上の訪問を見込んでいる。

昨年韓国を訪れた中国人観光客1人当たりの支出は2272ドル(約27万円)で、全体の平均支出の1.3倍を記録した。中国人観光客のおかげで、韓国のホテル業界や免税店、化粧品業界の今年の成長率は2桁の伸びを記録するとみられている。

同研究院の金博士は「韓国の観光インフラ設備を向上させ、中国人観光客1000万人時代を迎えるための十分な準備をする必要がある」と提案している。

参考 Record China 2014.12.29

 

【関連する記事】