韓国に経済危機論

韓国・中央日報(中国語電子版)によると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は21日、政財界の一部から経済危機論が出されていることについて、「われわれは過度なまでの悲観と批判の泥沼からはい出し、経済構造を改革し、革新を実現し、2度目の飛躍を実現しなければならない」と述べた。

朴大統領は大統領府で首席秘書官会議を主宰し、「韓国経済に悲観的な態度を示す人も一部にいるが、国際信用格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が韓国の国家信用等級を引き上げたのは、韓国政府の努力が国際社会から認められたことを示すものであり、重要な意味がある日本など多くの国が信用等級を下げている中、韓国が成果を上げたことには深い意味がある」と強調した

参考 Record China  2015.09.22

 

【関連する記事】