韓国に二度と行きたくない→中国人離れる

韓国・朝鮮日報によると、最近5年間で韓国を訪れる中国人観光客は800万人に達するほど大きく増加したが昨年末ごろからこうした増加傾向に変化の兆しが出てきた。長引く円安のために日本に旅行する中国人観光客が急増したこともあるが、一番の理由は旅行後に「二度と韓国に行きたくない」と感じる中国人観光客が増加しているためだという

韓国文化観光研究院によると、韓国を訪れた16カ国の外国人観光客のうち、中国人観光客の満足度は14位にとどまった。韓国に対して悪いイメージを持った人や人に推薦したくないと考える人が多く、再訪問の意思も弱いことが分かった。韓国を訪れた20代の中国人女性は、観光中に不快だった点についてタクシーが目的地にまっすぐ向かってくれない」「店員に腕をつかまれ、無理やり店に連れ込まれた」などと話した

また、韓流アイドルのイベントのために訪韓した中国人観光客が見掛け倒しの内容に失望して帰るケースも多い。先日オープンした人気俳優キム・スヒョンの博物館は、派手な宣伝とは裏腹に、中にはキム・スヒョンが実際に着た衣装と写真が数枚展示されているだけ。すべて見るのに3分もかからなかったという

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

サービスの水準も低いし、安心してタクシーに乗ることもできない。おいしい食べ物もないし…。問題はたくさんあるが、その中でも一番の問題は観光名所がないことじゃないか?
「寂しいな。日本は行くたびにまた来たいと思うのに

「誰も来てほしいなんて言ってない。国民も韓国を離れたいと考えている
何しに韓国に来るの?ショッピングもグルメも日本の方が100倍いい

「明洞などの観光地では、サムゲタンが1杯3500円で売られている。しかも野菜やおかずは使い回し
「日本の観光地に行ってみろ。認めたくないが、日本人の接客態度や配慮は最高だ。日本は先進国で韓国は後進国だということを実感する」

この国で暴動が起こらないことが不思議…
「次は日本人に生まれたい。そして、友達に堂々と『わが国に遊びにおいで』と言いたい」

参考 Record China 2015.09.15

 

【関連する記事】