韓国で結婚できない人が増加!

中国新聞社によると、韓国の結婚数が低迷している

韓国統計庁は23日、2014年結婚・離婚統計を発表した。2014年の結婚届提出数は30万5500組。2013年より1万7300組少なく、2003年以来の低水準となった2015年も結婚数は低水準で、1・2月の結婚届提出数は前年同期比5.2%減の4万9300組にとどまった

専門家は結婚適齢期人口の減少と不景気のダブルパンチが要因だと指摘25~34歳の結婚適齢期の男性人口は2014年に前年比1.8%減となった。また、結婚費用の高額化が進んでおり、不景気で結婚を避けようとするムードが広がった

韓国では「五放世代」という言葉まで登場している恋愛、結婚、出産、人間関係、マイホーム購入を諦めた若者世代を意味する

参考 Record china  2015.04.28

 

【関連する記事】