韓国「デフレ」→懸念

韓国メディア・中央日報の中国語版は3日、韓国の物価上昇率が6カ月連続で0-1%の間にとどまっていることを指摘し、「韓国経済がデフレに突入するリスクが高まっている」と論じた

記事は、韓国統計庁が2日に5月の消費者物価指数(CPI)を発表し、前年比0.5%の上昇にとどまったことを紹介、0.8%の上昇だった14年12月以来、6カ月連続で1%未満となったと報じた

続けて、15年にタバコの値上げが行われ、物価上昇率を0.58ポイントの引き上げ効果があったとしても、「タバコ値上げ分を差し引けば、実質的な物価上昇率は2月以来、4カ月連続でのマイナスだ」と伝えた一方、14年10月以来、6カ月連続でCPIが前月を下回っていたものの、5月のCPIは4月の0.4%より小幅に上昇したと伝えた

さらに韓国統計庁の関係者の話として、5月の物価上昇率が0.5%にとどまったこと理由は主に原油価格の低迷および、都市部におけるガス料金引き下げの影響によるもの」と伝えた

続けて記事は、韓国政府内では原油価格の上昇とともに、15年下半期に物価は徐々に上昇するとの見方があることを伝え企画財政部の関係者の話として「中東情勢には落ち着く兆しが見られないうえ、夏に台風や洪水などの自然災害が起きれば物価は上昇する」と報じた

一方で、韓国で中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染者が増えていることについて、「6-8月にかけて人びとが外出を避け、物価がさらに下落する可能性もある」と伝え、韓国・東国大学の教授が「物価上昇率がマイナスもしくは1%未満の状況が1年以上続けば、韓国経済がデフレに突入するリスクが大きく高まる」と述べたことを紹介。さらに、MERSが拡大すれば韓国経済は低迷し、デフレリスクはさらに拡大するだろうと論じた

参考 サーチナ 2015.06.05

【関連する記事】