韓国、50年ぶりに「デノミ」実施か?

セヌリ党の柳性杰(リュ・ソンゴル)議員は17日、韓国国会企画財政委員会韓国銀行国政監査で、「市中の価格表には5000ウォン(約515円)を5.0と表記している経済規模に比べて対ドル為替レートの数値が大きい」とし、貨幣改革の必要性について質問した。これに対し、李韓国銀行総裁は、「そのような必要性について議論があることは承知しており、共感する」としながらも、「独自に判断することはできないため、社会的なコンセンサスが必要だ」とした貨幣改革は旧貨幣の流通を停止させ、短期間に新貨幣と強制的に交換し、人為的に貨幣の価値を調節することを意味する貨幣改革の方法として、通用価値を切り下げするデノミネーション(デノミ)という方法があるが、韓国ではデノミの貨幣改革は1905年、1950年、1953年、1962年と過去4回に渡って行われている

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「貨幣改革をしたら、隠れている現金や裏金をすべて表に引っ張り出せる
「いろいろと改革するのが好きな政府だ。国会を最初に改革すればいいのに
そんな無駄なことに税金を使うくらいなら、貧しい人を支援しろ

1万ウォンは100ウォン、100ウォンは1ウォンだとすると、10ウォンは0.1ウォンになるのか?
「やめておいた方がよい。額面が小さな数字になると、使いすぎるような気がする。国民の借金が増えるぞ
紙幣を印刷しないといけないし、流通している通貨の処分も必要になる。混乱を生じさせるだけだと思う

まだ早い気がしないか?インフレがひどいわけでもないから、多くのお金を持ち歩くこともないし、現金よりもクレジットカードやチェックカード(デビッドカード)、携帯電話決済を主に使っているのに…
「あえてこの時点で貨幣改革をしようとする目的は何だ?2009年に失敗した北朝鮮みたいになるぞ

参考 Record China 2015.09.21

 

【関連する記事】