韓国→14歳以下の割合が過去最低に

中国・新華網によると、韓国で総人口に占める14歳以下の割合が、低い出生率の影響により、過去最低となった

韓国統計局が8日公表したデータによると、韓国で今年、総人口に占める14歳以下の割合は13.9%となった、14年から0.5ポイント下落し、過去最低水準となった

低い出生率が要因の一つだ。韓国・聯合ニュースによると、韓国の合計特殊出生率は2000年の1.47から14年には1.21へと減少している。このペースが続けば、総人口に占める14歳以下の割合は、60年に10.2%にまで落ち込むことになる

同局は14歳以下人口の減少は、労働力と高齢者に悪影響をもたらすことになる」と指摘する15~64歳の経済活動人口が総人口に占める割合は現在73%だが、60年には49.7%まで落ち込むとみられる。経済活動人口100人で、高齢者と児童101人を養う計算だ。

参考 RECORD CHINA  2015.07.11

 

【関連する記事】