韓国→造船業界は視界ゼロ

韓国・聯合ニュースによると、大規模な損失の可能性が次々に表れ、韓国の大型造船会社が「視界ゼロ」の状態に陥っている

大宇造船海洋やサムスン重工業など大型造船会社の株価が下がり、実績展望も速い速度で低下している。金融情報会社ワイズエプエンによると、韓国国内の四つの大型造船会社の今年第2四半期(4-6月)の営業利益予測値の合計は767億ウォン(約84億3700万円)で、1カ月前の2059億ウォン(約226億4900万円)に比べ62.75%の大幅下方修正となった。これは、3カ月前の3445億ウォン(約378億9500万円)と比較すると77.74%の下落となる

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

低価格受注のブーメラン効果だ。適正価格で受注すべきなのに、競合他社を引き離そうと無理に安価で受注した結果だ
「斜陽産業をまるで国家的危機のように報道して、不安心理をあおり、不良債権は当然だと信じこませ、国民の血税を投入しようとする策略が目に浮かぶ。一日も早く構造調整しろ」
「船舶機械の下請け部品メーカーはどうすれば良いのだ」

何日か前に、中国を抜いて、韓国造船業が受注1位を取ったとする記事を見たが中身はぼろぼろじゃないか
滅びるべき企業は潰すしかない。国民の税金を投入してはならない」
「大きな会社なのに、もったいないね。なんとかなればい
いのだが…」

造船も駄目、サムスンのGalaxy S6 edgeも駄目。韓国はどうなるのだろう
「韓国じゃあ、不動産投機しかなさそうだな
ポスコに続いて造船業まで…。世界の先頭を走っていた韓国がこのように没落した理由は、日和見主義のギャングがパラシュートで降りてきて自分たちの私腹を肥やすことばかり考えているからだ

参考 Record China 2015.07.21

 

【関連する記事】